ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 既に実用化されている診断法や新たに開発された早期発見手法の検診導入を目指した有効性評価に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 27-A-05 
研究年度 平成29年度 
主任(代表) 松田尚久 
所属施設 国立がん研究センター 中央病院 検診センター/社会と健康研究センター 検診開発研究部 
経過研究年 3年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2018/03/31 
研究分野名 疫学・予防検診 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
松田尚久  国立がん研究センター 中央病院 検診センター/社会と健康研究センター 検診開発研究部
既に実用化されている診断法や新たに開発された早期発見手法の検診導入を目指した有効性評価に関する研究 
分担
飯沼元  国立がん研究センター 中央病院 放射線診断科
CTコロノグラフィーの導入による新たな大腸がん高精度検診システムの研究開発 
内山菜智子  国立がん研究センター 中央病院 放射線診断科
トモシンセシス及びABVS(超音波自動ブレストボリュームスキャナ)を用いた新たな乳がん検診システムの構築 
角川康夫  国立がん研究センター 中央病院 消化管内視鏡科
内視鏡導入型の上・下部消化管検診システムの構築 
関口正宇  国立がん研究センター 中央病院 検診センター/内視鏡科
PET-CTのがん検診における有効性評価に関する研究、内視鏡のがん検診における有効性評価に関する研究 
土田敬明  国立がん研究センター 中央病院 呼吸器内視鏡科
マルチスライスCTによる肺がんCT検診システム構築に関する研究 
山地太樹  国立がん研究センター 社会と健康研究センター 疫学研究部
がん検診法の開発に資する大島研究受診者コホート構築と検診情報の収集・管理に関する研究 
町田稔  国立がん研究センター 中央病院放射線診断科
肝胆膵領域のがん検診における腹部超音波検査の有効性評価に関する研究 
大橋健  国立がん研究センター中央病院 総合内科
新規バイオマーカー(アミノインデックス)の大腸がん検診における有効性評価に関する研究 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  松田尚久 
国立がん研究センター 中央病院 検診センター/社会と健康研究センター 検診開発研究部 
PDFドキュメント  
年度報告書  松田尚久 
国立がん研究センター 中央病院 検診センター/社会と健康研究センター 検診開発研究部 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ