ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 環境要因等のがんの発生要因及び予防法開発に関する研究領域  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 26-A-08 
研究年度 平成28年度 
主任(代表) 今井俊夫 
所属施設 国立がん研究センター 
経過研究年 3年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2017/03/31 
研究分野名 発がん・がん生物学 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
今井俊夫  国立がん研究センター
施設長
生活習慣に係る発がんの分子機構解明・動物モデルを用いた解析 
分担
戸塚ゆ加里  国立がん研究センター
ユニット長
新規変異原・がん原物質の検索とヒト発がんへの関与 
三好規之  静岡県立大学
助教
生活習慣に係る発がんの分子機構解明・アルデヒド解析法の確立 
椙村春彦  浜松医科大学
教授
環境中化学物質・生活習慣に係る分子疫学研究・アダクトームなど新開発分析法の確立 
白石航也  国立がん研究センター
研究員
がんゲノミクス解析・遺伝素因と環境要因の交互作用解析 
岩崎基  国立がん研究センター
部長
環境中化学物質・生活習慣に係る分子疫学研究・症例対照研究による発がんリスク解析 
柴田龍弘  国立がん研究センター
分野長
高速シークエンサーを用いたヒトがん・動物モデルにおける遺伝子変異検索 
豊國伸哉  名古屋大学大学院
教授
アスベスト繊維や多層カーボンナノチューブによる動物中皮腫モデルの解析 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  今井俊夫 
国立がん研究センター 
PDFドキュメント  
年度報告書  今井俊夫 
国立がん研究センター 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ