ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 病院施設を活用した新たな患者・家族に対するサポート提供体制についての研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 28-A-17 
研究年度 平成28年度 
主任(代表) 朴成和 
所属施設 国立がん研究センター・中央病院 消化管内科 
経過研究年 1年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2019/03/31 
研究分野名 後期開発・支持療法 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
朴成和  国立がん研究センター・中央病院 消化管内科
科長
病院施設を活用した新たな患者・家族に対するサポート提供体制についての研究 
分担
内富庸介  国立がん研究センター・中央病院 支持療法開発部門
部門長
新たなサポート提供体制の評価 
里見絵理子  国立がん研究センター・中央病院 緩和医療科
科長
新たなサポート提供体制における緩和医療の役割とチーム医療の構築 
清水研  国立がん研究センター・中央病院 精神腫瘍科
科長
新たなサポート提供体制における緩和医療の役割とチーム医療の構築 
森文子  国立がん研究センター・中央病院 看護部
副看護部長
新たなサポート提供体制における緩和医療の役割とチーム医療の構築 
佐藤哲文  国立がん研究センター・中央病院 麻酔・集中治療科
科長
新たなサポート提供体制における緩和医療の役割とチーム医療の構築 
野澤桂子  国立がん研究センター・中央病院 アピアランス支援室
室長
新たなサポート提供体制における緩和医療の役割とチーム医療の構築 
加藤雅志  国立がん研究センター・がん対策情報センター・がん医療支援部
部長
新たなサポート提供体制における緩和医療の役割とチーム医療の構築 
渡辺典子  国立がん研究センター・中央病院 骨軟部腫瘍・リハビリテーション科
理学療法士
新たなサポート提供体制における緩和医療の役割とチーム医療の構築 
寺門浩之  国立がん研究センター・中央病院 薬剤部
部長
新たなサポート提供体制における緩和医療の役割とチーム医療の構築 
野口一彦  国立がん研究センター・中央病院 栄養管理室
室長
新たなサポート提供体制における緩和医療の役割とチーム医療の構築 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
年度報告書  朴成和 
国立がん研究センター・中央病院 消化管内科 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ