ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 サポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 26-A-29 
研究年度 平成27年度 
主任(代表) 大江裕一郎 
所属施設 国立がん研究センター中央病院・呼吸器内科 
経過研究年 2年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2017/03/31 
研究分野名 支持療法 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
大江裕一郎  国立がん研究センター中央病院・呼吸器内科
科長 副院長
サポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究・研究統括 
分担
後藤功一  国立がん研究センター東病院・呼吸器内科
科長
サポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究 
小川朝生  国立がん研究センター先端医療開発センター・精神腫瘍学開発分野
分野長
精神的ケアを中心としたサポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究 
清水研  国立がん研究センター中央病院・精神腫瘍科
科長
精神的ケアを中心としたサポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究 
木下寛也  国立がん研究センター東病院・緩和医療科
科長
症状緩和を中心としたサポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究 
栗原美穂  国立がん研究センター東病院・看護部
副看護部長
看護を中心としたサポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究 
龍島靖明  国立がん研究センター東病院・薬剤部
主任薬剤師
薬学的なサポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究 
上野順也  国立がん研究センター東病院・骨軟部腫瘍リハビリテーション科
理学療法士
リハビリテーションを中心としたサポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究 
坂本はと恵  国立がん研究センター東病院・患者・サポーティブケアセンター がん相談支援センター
がん相談統括専門職
社会的支援を中心としたサポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究 
久保田馨  日本医科大学付属病院・化学療法科
部長
がん治療選択における臨床的意思決定支援に関する研究 
坪井正博  国立がん研究センター東病院・呼吸器外科
科長
サポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究 
全田貞幹  国立がん研究センター東病院・放射線治療科
医員
サポーティブケアの提供体制と有用性評価の研究 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
年度報告書  大江裕一郎 
国立がん研究センター中央病院・呼吸器内科 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ