ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 個別化がん医療を目指した新規バイオマーカーの開発:基盤整備と実用化  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 26-A-13 
研究年度 平成27年度 
主任(代表) 山田哲司 
所属施設 国立がん研究センター研究所・創薬臨床研究分野 
経過研究年 2年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2017/03/31 
研究分野名 TR/早期開発 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
山田哲司  国立がん研究センター研究所・創薬臨床研究分野
主任分野長
(研究総括) 
分担
落合淳志  国立がん研究センター東病院臨床開発センター・臨床腫瘍病理分野
分野長 研究所・副所長
国立がん研究センターにおける体外診断薬開発の基盤整備 
近藤格  国立がん研究センター研究所・希少がん研究分野
分野長
国立がん研究センターにおける体外診断薬開発の基盤整備 
土原一哉  国立がん研究センター先端医療開発センター・トランスレーショナルリサーチ分野
分野長
国立がん研究センターにおける体外診断薬開発の基盤整備 
青志津男  国立がん研究センター研究支援センター・研究管理部・シニアリサーチ
アドミニストレーター
国立がん研究センターにおける体外診断薬開発の基盤整備 
鈴木健司  順天堂大学医学部・呼吸器外科学講座
主任教授
ACTN4遺伝子の増幅を標的としたバイオマーカーと治療薬の開発 
弦間昭彦  日本医科大学大学院研究科・呼吸器内科学分野
主任教授
ACTN4遺伝子の増幅を標的としたバイオマーカーと治療薬の開発 
吉田正行  国立がん研究センター中央病院・病理科
医員
ACTN4遺伝子の増幅を標的としたバイオマーカーと治療薬の開発 
本田一文  国立がん研究センター研究所・創薬臨床研究分野
ユニット長
ACTN4遺伝子の増幅を標的としたバイオマーカーと治療薬の開発 
後藤悌  国立がん研究センター中央病院・呼吸器内科
医員
循環腫瘍細胞を利用した新規バイオマーカーの確立を目指した研究 
原智彦  国立がん研究センター中央病院・泌尿器・後腹膜腫瘍科
医員
循環腫瘍細胞を利用した新規バイオマーカーの確立を目指した研究 
高橋雅道  国立がん研究センター中央病院・脳脊髄腫瘍科
医員
循環腫瘍細胞を利用した新規バイオマーカーの確立を目指した研究 
小林英介  国立がん研究センター中央病院・骨軟部腫瘍・リハビリテーション科
医員
循環腫瘍細胞を利用した新規バイオマーカーの確立を目指した研究 
落合大樹  国立がん研究センター中央病院・大腸外科
医員
循環腫瘍細胞を利用した新規バイオマーカーの確立を目指した研究 
藤森浩彰  国立がん研究センター研究所・創薬臨床研究分野
研究員
循環腫瘍細胞を利用した新規バイオマーカーの確立を目指した研究 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
年度報告書  山田哲司 
国立がん研究センター研究所・創薬臨床研究分野 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ