ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 支持療法の開発および検証のための基盤整備  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 27-A-03 
研究年度 平成27年度 
主任(代表) 内富庸介 
所属施設 国立がん研究センター支持療法開発センター 
経過研究年 1年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2018/03/31 
研究分野名 後期開発・支持療法 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
内富庸介  国立がん研究センター支持療法開発センター
センター長
支持療法の開発および検証のための基盤整備の総括 
分担
木澤義之  神戸大学大学院医学研究科内科系講座先端緩和医療学分野
特命教授
新規支持療法の開発と標準治療の確立(侵襲を伴う介入):主に症状緩和目的の薬物療法 
朴成和  中央病院消化管内科
科長
新規支持療法の開発と標準治療の確立(侵襲を伴う介入):主に医学的介入 
明智龍男  公立大学法人名古屋市立大学大学院医学研究科
教授
支持療法の開発および検証のための基盤整備の総括補佐 
藤澤大介  慶應義塾大学医学部精神・神経科
専任講師
日本の風土や社会制度に適したサポートプログラムの開発(軽微な侵襲の介入):サポートプログラムの開発 
松岡豊  国立精神・神経医療研究センタートランスレーショナル・メディカルセンター情報管理
解析部長
日本の風土や社会制度に適したサポートプログラムの開発(軽微な侵襲の介入) 
宮下光令  東北大学大学院医学系研究科 保健学専攻 緩和ケア看護学分野
教授
支持療法開発に資する疫学調査研究:QOL疫学調査・尺度開発 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
年度報告書  内富庸介 
国立がん研究センター支持療法開発センター 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ