ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 がん患者医療情報の高度活用による終末期医療・在宅医療の全国実態調査に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 25-A-22 
研究年度 平成27年度 
主任(代表) 木下寛也 
所属施設 独立行政法人国立がん研究センター東病院・緩和医療科 
経過研究年 3年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2016/03/31 
研究分野名 支持療法 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
木下寛也  独立行政法人国立がん研究センター東病院・緩和医療科
科長
総括および死亡小票を利用したがん患者遺族に対する終末期医療・在宅医療の全国実態調査に関する研究 
分担
宮下光令  東北大学大学院・医学系研究科保健学専攻緩和ケア看護学分野
教授
死亡小票を利用したがん患者遺族に対する終末期医療・在宅医療の全国実態調査に関する研究 
東尚弘  独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん政策科学研究部
部長
レセプト情報を利用した終末期医療・在宅医療の実態調査のための予備的研究 
辻哲夫  東京大学・高齢社会総合研究機構
特任教授
レセプト情報を利用した終末期医療・在宅医療の実態調査のための予備的研究 
浅井真理子  帝京平成大学大学院臨床心理学研究科 臨床心理学専攻
准教授
がん患者の進行・再発期から死別後まで継続したコホートの予備的研究 
馬場美華  彩都友紘会病院 緩和ケア科
部長
多施設コホート研究による進行がん患者の予後予測指標の開発 
浜野淳  筑波大学 医学医療系
講師
多施設コホート研究による進行がん患者の予後予測指標の開発 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  木下寛也 
独立行政法人国立がん研究センター東病院・緩和医療科 
PDFドキュメント  
年度報告書  木下寛也 
独立行政法人国立がん研究センター東病院・緩和医療科 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ