ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 病理診断の均てん化と質的向上のための基盤・新規技術開発に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 23-A-03 
研究年度 平成25年度 
主任(代表) 落合淳志 
所属施設 国立がん研究センター東病院 
経過研究年 3年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2014/03/31 
研究分野名 発がん・がん生物学 
研究区分名 基礎研究 
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
落合淳志  国立がん研究センター東病院
臨床腫瘍病理部長兼病理・臨床検査科長兼EPOC病理担当
病理診断のための自動化、診断補助画像機器の開発 
分担
津田均  防衛医科大学校病態病理学講座
教授
病理診断の基盤的研究と精度保証システム確立 
九嶋亮治  国立がん研究センター中央病院 病理・臨床検査科
医長
胃癌HER2検査の精度向上に関する研究 
尾島英和  国立がん研究センター研究所 病理分野
研究員
肝胆膵領域がん等における病態診断パネル作成のための免疫染色技術の確立 
桑田健  国立がん研究センター東病院 病理科・臨床検査科
医長
分子標的治療適応および治療効果に対する病理組織学的判定方法の確立 
小嶋基寛  国立がん研究センター東病院 臨床開発センター臨床腫瘍病理分野
ユニット長
標本作製の均展化に関する基礎的・基盤的研究 
松野吉宏  北海道大学 大学院分子診断病理学分野
教授
治療選択を左右する免疫組織化学の精度保証システム構築 
長谷川匡  札幌医科大学 病理部
教授
骨軟部腫瘍(GISTを含む)の病理診断基準の確立と補助的病理診断法の標準化 
増田しのぶ  日本大学 医学部病理
教授
病理組織検体を用いた免疫染色の精度管理システムの構築 
赤木究  埼玉県立がんセンター 腫瘍診断科・予防科
科長兼部長
遺伝子解析による検討 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  落合淳志 
国立がん研究センター東病院 
PDFドキュメント  
年度報告書  落合淳志 
国立がん研究センター東病院 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ