ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 がんの放射線治療に有効な増感剤の開発研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 23-A-43 
研究年度 平成24年度 
主任(代表) 益谷美都子 
所属施設 国立がん研究センター研究所 ゲノム安定性研究分野 
経過研究年 2年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2014/03/31 
研究分野名 基礎 
研究区分名 基礎研究 
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
益谷美都子  国立がん研究センター研究所 ゲノム安定性研究分野
分野長
放射線増感剤の探索と作用機序の研究 
分担
荻原秀明  国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野
研究員
DNA切断修復アッセイ系を用いた放射線増感剤の研究 
小泉史明  国立がん研究センター研究所 遺伝医学研究分野(国立がん研究センター中病院計画治療病棟支援施設)
ユニット長
放射線効果増強剤の探索系の至適化と検証 
西尾禎治  国立がん研究センター東病院 臨床開発センター粒子線医学開発部 粒子線生物学室
室長
陽子線・炭素線に対する増感効果及び機序の解析 
岡本裕之  国立がん研究センター中央病院 放射線治療科
医学物理士
X線及びガンマ線の照射条件の物理学的検討 
岡安隆一  放医研・国際オープンラボラトリー
Scientific Secretary
重粒子線による放射線増感効果の研究とその作用機構の解明 
笹井啓資  順天堂大学 医学研究科放射線医学講座
教授
放射線増感剤の臨床的見地からの検討 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
年度報告書  益谷美都子 
国立がん研究センター研究所 ゲノム安定性研究分野 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ