ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 膵がんの本態解明と新規標的治療法の開発  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 23-A-38 
研究年度 平成24年度 
主任(代表) 青木一教 
所属施設 国立がん研究センター研究所 遺伝子免疫細胞医学研究分野 
経過研究年 2年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2014/03/31 
研究分野名 基礎 
研究区分名 基礎研究 
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
青木一教  国立がん研究センター研究所 遺伝子免疫細胞医学研究分野
分野長
膵がんを標的とする免疫療法の開発 
分担
今井俊夫  国立がん研究センター研究所 動物実験支援施設
施設長
動物モデルを用いた膵発がん初期過程における細胞増殖・浸潤機構の解明 
平岡伸介  国立がん研究センター研究所 分子病理分野
ユニット長
膵がん組織に形成される3次リンパ装置の腫瘍免疫における役割とその機序の解明 
本田一文  国立がん研究センター研究所 創薬臨床研究分野
ユニット長
タンパク質リン酸化プロファイルを用いた分子標的候補の探索と薬剤感受性予測モデルの確立 
上園保仁  国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野
分野長
膵がん動物モデルを用いた、膵がんの痛みならびに悪液質症状改善薬の開発 
清野透  国立がん研究センター研究所 ウイルス発がん研究分野
分野長
実験動物によるde novo発がんモデルの作出 
上野秀樹  国立がん研究センター中央病院 肝胆膵腫瘍科
医長
新規治療法開発における臨床的課題の検討 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
年度報告書  青木一教 
国立がん研究センター研究所 遺伝子免疫細胞医学研究分野 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ