ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 食道がんの外科治療における口腔ケア・栄養管理・リハビリの役割に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 00052 
研究年度 平成24年度 
主任(代表) 大田洋二郎 
所属施設 静岡県立静岡がんセンター 歯科口腔外科 
経過研究年 3年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2013/03/31 
研究分野名 外科系・その他 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
大田洋二郎  静岡県立静岡がんセンター 歯科口腔外科
部長
総括・食道がんの口腔ケア介入による周術期肺炎予防の効果に関する研究 
分担
瀬戸泰之  東京大学 大学院医学系研究科消化管外科学代謝内分泌外科学
教授
食道がん手術における口腔ケア介入による術後肺炎予防効果の検討 
北川雄光  慶応義塾大学 医学部外科学教室
教授
食道がん手術における口腔ケア介入による術後肺炎予防効果の検討 
辻哲也  慶応義塾大学 医学部リハビリテーション医学教室
准教授
食道がんの周術期リハビリ介入による肺炎予防の効果ならびに患者QOLに関する研究 
細川正夫  恵佑会札幌病院
理事長
食道がん手術における口腔ケア介入による術後肺炎予防効果の検討 
大幸宏幸  国立がん研究センター東病院 上部消化管外科
外来・病棟医長
食道がんの口腔ケア介入よる周術期肺炎予防の効果に関する研究  
日月裕司  国立がん研究センター中央病院 消化管腫瘍科
副科長
食道がん手術における口腔ケア介入による術後肺炎予防効果の検討 
宇田川晴司  虎の門病院 消化器外科
部長
食道がん手術における口腔ケア介入による術後肺炎予防効果の検討 
上野尚雄  国立がん研究センター中央病院 歯科口腔科
医員
食道がんの口腔ケア介入による周術期肺炎予防の効果に関する研究 
坪佐恭宏  静岡県立静岡がんセンター 食道外科
部長
食道がんの口腔ケア介入による周術期肺炎予防の効果に関する研究 
田沼明  静岡県立静岡がんセンター リハビリテーション科
部長
食道がんの周術期リハビリ介入のよる肺炎予防の効果ならびに患者QOLに関する研究 
桑原節子  国立がんセンター中央病院 栄養管理室
室長
食道がん術後の栄養状態評価と栄養支援による患者QOLの改善に関する研究 
山田浩  静岡県立大学 薬学部薬学科・薬学 研究院
教授
研究デザインと統計解析 
佐藤弘  埼玉医科大学国際医療センター 消化器外科
准教授
食道がん術後の栄養状態評価と栄養支援による患者QOLの改善に関する研究 
内山和久  大阪医科大学 一般・消化器外科
食道がん手術における口腔ケア介入による術後肺炎予防効果の検討 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  大田洋二郎 
静岡県立静岡がんセンター 歯科口腔外科 
PDFドキュメント  
年度報告書  大田洋二郎 
静岡県立静岡がんセンター 歯科口腔外科 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ