ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 基礎及び疫学研究の統合によるがんの原因究明と効果的な予防・検診法の開発に資する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 23-A-04 
研究年度 平成24年度 
主任(代表) 中釜斉 
所属施設 国立がん研究センター研究所 発がんシステム研究分野 
経過研究年 2年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2014/03/31 
研究分野名 基礎 
研究区分名 基礎研究 
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
中釜斉  国立がん研究センター研究所 発がんシステム研究分野
所長/分野長
初期病変を指標とした大腸発がん修飾要因の解明 
分担
今井俊夫  国立がん研究センター 動物実験支援施設
施設長
乳腺及び膵臓発がんに関与する食事要因及び内的要因の解明 
荒川博文  国立がん研究センター 腫瘍生物学分野
分野長
異常ミトコンドリア由来酸化ストレスのがん発生進展における役割に関する研究 
大島寛史  静岡県立大学
教授
アルコール発がんの分子機構解明と予防法開発 
椙村春彦  浜松医科大学
病理組織のadductome とその修復可能性 
戸塚ゆ加里  国立がん研究センター 発がんシステム研究分野
ユニット長
新規変異原・がん原物質の検索とヒト発がんへの関与に関する研究 
松田知成  京都大学
准教授
次世代DNAシーケンサーを用いた、突然変異、DNA損傷の解析法の開発 
片岡洋行  就実大学薬学部
教授
ヘテロサイクリックアミンのヒト曝露評価 
深澤征義  国立感染症研究所細胞化学部
室長
コーヒー成分による抗C型肝炎効果に関する研究 
横田淳  国立がん研究センター 多段階発がん研究分野
分野長
肺腺がんの要因に関する分子遺伝学的研究 
松尾恵太郎  愛知県がんセンター研究所
室長
がんの原因解明に関わる基礎的・基盤的研究 
岩崎基  国立がん研究センターがん予防・検診研究センター 予防研究部
ユニット長
環境中化学物質曝露とがん罹患に関する疫学研究 
太田力  国立がん研究センター 多層オミックス・バイオインフォーマティクス分野
ユニット長
肺がん発症に係わる因子の解析 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
年度報告書  中釜斉 
国立がん研究センター研究所 発がんシステム研究分野 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ