ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 若年乳癌患者のサバイバーシップ支援プログラムの構築に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 21分指-09-04 
研究年度 平成23年度 
主任(代表) 大野真司 
所属施設 九州がんセンター 乳腺科 
経過研究年 3年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2012/03/31 
研究分野名 疫学・公衆衛生・がん対策 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
大野真司  九州がんセンター 乳腺科
部長
総括、若年乳癌サバイバーシップ支援ホームページ作成の総合監修、パンフレットの総合監査。患者会や日本乳癌学会との折衝ガイドライン作成の監修 
分担
高橋かおる  静岡県立静岡がんセンター 乳腺外科
部長
若年乳癌患者の治療による影響の調査・解析、フォローアップシステムの構築 
福内敦  三井記念病院 乳腺内分泌外科
科長
薬物療法に関する臨床試験成績の解析などによる若年乳癌患者のQOL調査と情報作成 
大島彰  九州がんセンター サイコオンコロジー科
医長
若年乳癌患者の心理社会的問題の解明と支援システムの構築 
徳永えり子  九州大学病院 
学術研究員(特任講師)
若年者乳癌の生物学的・社会的特性解明に関する研究 
高橋都  獨協医科大学 医学部公衆衛生学講座
准教授
若年乳がん患者のセクシュアリティおよびパートナーシップに関する研究 
阿部恭子  千葉県立保健医療大学 健康科学部看護学科
准教授
結婚・出産・育児など生活問題の解析、および治療の意志決定における支援システムの構築 
大松重宏  兵庫医科大学 社会福祉学
准教授
若年乳癌患者へのピアサポートのあり方 
野澤桂子  山野美容芸術短期大学 美容福祉学科
教授
身体の変化が若年乳がん患者のQOLに及ぼす影響とその支援に関する研究 
塩田恭子  聖路加国際病院 女性総合診療部
副医長
癌治療が卵巣機能に及ぼす影響の調査・解析と卵巣機能保持に関する支援プログラムの構築 
加藤友康  国立がん研究センター 婦人腫瘍科
病棟医長
乳がん治療と妊孕性保存に関する指針を検討する研究 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  大野真司 
九州がんセンター 乳腺科 
PDFドキュメント  
年度報告書  大野真司 
九州がんセンター 乳腺科 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ