ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 がん放射線診断における患者被ばくの実態調査と放射線誘発がんのリスク推定に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 21分指-05-04 
研究年度 平成23年度 
主任(代表) 遠藤啓吾 
所属施設 京都医療科学大学 
経過研究年 3年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2012/03/31 
研究分野名 外科系・その他 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
遠藤啓吾  京都医療科学大学
学長
研究総括、CTによる放射線被ばくの推定、リスク・ベネフィット評価 
分担
馬屋原博  国立がん研究センター中央病院
医師
Image-Guided Radiation Therapy (IGRT)時の追加被曝の評価と放射線誘発がんリスク推定に関する研究 
石口恒男  愛知医科大学医学部放射線医学講座
教授
CT被曝の自動記録によるリスク解析 
甲斐倫明  大分県立看護科学大学
教授
診療放射線被ばくに伴う放射線誘発がんのリスク評価 
秋葉澄伯  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
教授
CT等による医療被ばくの疫学的研究 
赤羽恵一  放射線医学総合研究所
室長
医療被ばくの実態調査及び線量評価 
対馬義人  群馬大学医学部放射線
教授
群馬県内における医療被ばくの実態調査 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  遠藤啓吾 
京都医療科学大学 
PDFドキュメント  
年度報告書  遠藤啓吾 
京都医療科学大学 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ