ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 生検組織や細胞を用いたがんの治療感受性予知法および治療効果判定法の確立に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 がん研究助成金 
課題番号 20-12 
研究年度 平成21年度 
主任(代表) 横崎宏 
所属施設 神戸大学大学院医学研究科 
経過研究年 2年 
研究カテゴリ  
合計研究年 2年 
研究終了予定日 2010/03/31 
研究分野名 計画研究 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
横崎宏  神戸大学大学院医学研究科
教授
形態学的がん治療効果判定基準の分子基盤の把握 
分担
桑田健  国立がんセンター東病院
医長
生体情報の統合とがんの治療感受性予知パネルの構築 
佐々木博己  国立がんセンター中央研究所
室長
生検組織・細胞からのゲノム情報の解析 
今井高志  放射線医学総合研究所重粒子医科学センター
グループリーダー
放射線治療がん生検組織・細胞からの分子情報の解析 
大上直秀  広島大学医歯薬学総合研究科
講師
化学療法、分子標的療法がん生検組織・細胞からの分子情報の解析 
東健  神戸大学大学院医学研究科
教授
生検組織・細胞からのプロテオーム/メタボローム情報の解析 
班友
堀口慎一郎  東京都立駒込病院
医員
原発性乳癌における術前化学療法の効果判定法の確立に関する研究 
長田盛典  大阪府立成人病センター
レジデント
膵癌術前化学放射線療法における効果予測の研究 
中島崇裕  千葉県がんセンター
医長
超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUA-TBNA)による生検検体を用いた、肺癌個別化治療の確立に関する研究 
田邊思帆里  国立医薬品食品衛生研究所
研究者
細胞を用いたがん治療感受性予測法に関するゲノム解析研究 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  横崎宏 
神戸大学大学院医学研究科 
PDFドキュメント  
年度報告書  横崎宏 
神戸大学大学院医学研究科 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ