ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 すりガラス状陰影を伴う肺がんの診断・治療方法の確立に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 がん研究助成金 
課題番号 17-06 
研究年度 平成20年度 
主任(代表) 大松広伸 
所属施設 国立がんセンター東病院 
経過研究年 2年 
研究カテゴリ  
合計研究年 2年 
研究終了予定日 2009/03/31 
研究分野名 計画研究 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
大松広伸  国立がんセンター東病院
医長
すりガラス状陰影を伴う肺がんのCT画像解析 
分担
山田耕三  神奈川県立がんセンター
部長
すりガラス状陰影を伴う肺がんの診断・治療方法の確立に関する研究 
森清志  栃木県立がんセンター
部長
孤立性肺結節に対する診断・治療法の確立 
柿沼龍太郎  国立がんセンターがん予防・検診研究センター
室長
肺がんCT検診にてすりガラス陰影を呈する病変の画像診断に関する研究 
児玉憲  独立行政法人 大阪府立病院機構大阪府立成人病センター
副院長
臨床病理像からみた早期肺がんの治療法に関する研究 
山下素弘  独立行政法人 国立病院機構 四国がんセンター
医長
肺野小型結節影に対する外科的診断法の検討 
栗山啓子  独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター
科長
すりガラス状陰影を伴う肺がんのprofile-curveを用いた定量と予後の解析 
安達大史  独立行政法人 国立病院機構 北海道がんセンター
医師
すりガラス状陰影を伴う肺癌に対するthin section CT画像解析を用いた治療法選択に関する研究 
福山誠一  独立行政法人 国立病院機構 九州がんセンター
医師
同時多発するすりガラス状陰影を伴う肺癌のEGFR遺伝子変異に関する研究 
清嶋護之  茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター
医長
すりガラス状陰影を伴う肺がんに対する縮小手術の適応および術式確立に関する研究 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  大松広伸 
国立がんセンター東病院 
PDFドキュメント  
年度報告書  大松広伸 
国立がんセンター東病院 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ