ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 乳房温存療法切除断端の病理診断の標準化と術後観察の適正化に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 がん研究助成金 
課題番号 17-07 
研究年度 平成19年度 
主任(代表) 秋山太 
所属施設 財団法人癌研究会癌研究所 
経過研究年  
研究カテゴリ  
合計研究年  
研究終了予定日 2008/03/31 
研究分野名 計画研究 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
秋山太  財団法人癌研究会癌研究所
副部長
適正な乳房温存療法のための病理学的検討‐温存乳房内癌症例の検討‐ 
分担
明石定子  国立がんセンター中央病院
医員
適正な乳房温存療法のための画像診断に関する検討 
稲治英生  大阪府立成人病センター
部長
乳房温存療法の適応の適正化の検討 
大住省三  独立行政法人国立病院機構四国がんセンター
医師
乳癌症例に対する乳房温存療法の長期観察の解析結果に基づく乳房への放射線照射不要グループの同定を目指した多施設共同試験 
黒住昌史  埼玉県立がんセンター
科長
乳房温存手術切除断端の病理診断標準化の検討 
中村清吾  聖路加国際病院乳腺外科
部長
乳癌術式決定におけるMRIの有用性ー 経済評価 
川島篤弘  独立行政法人国立病院機構金沢医療センター 
医師
乳房温存療法切除断端陽性例の特徴と予後の調査 
増田慎三  独立行政法人国立病院機構大阪医療センター
医師
乳房温存療法適応拡大をめざした術前化学療法における治療法ならびに画像診断法に関する研究 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
年度報告書  秋山太 
財団法人癌研究会癌研究所 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ