ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 臨床試験登録患者検体の有効利用に関する検討  [この研究の経過を見る]
研究事業名 がん研究助成金 
課題番号 17-18 
研究年度 平成19年度 
主任(代表) 大津敦 
所属施設 国立がんセンター東病院 
経過研究年  
研究カテゴリ  
合計研究年  
研究終了予定日 2008/04/30 
研究分野名 計画研究 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
大津敦  国立がんセンター東病院
部長
臨床試験登録患者検体の有効利用に関する研究 
分担
塚崎邦弘  長崎大学大学院
准教授
血液悪性腫瘍に対する臨床試験登録患者検体の有効利用システムの確立 
中西幸浩  国立がんセンター研究所
室長
組織検体の効率的保存法と病理診断用残余検体の有効利用の研究 
西尾和人  近畿大学医学部
教授
開発臨床試験登録患者検体を用いたcorrelative study実施体制の確立 
小澤壯治  慶藤田保健衛生大学
教授
外科系臨床試験における登録患者検体の有効利用システムの確立 
吉村健一  国立がんセンターがん対策情報センター
室長
多施設共同臨床試験登録患者情報と患者検体情報の効率的リンク法および統計解析法の確立 
伊佐俊一  近畿中央胸部疾患センター
研究員
胸部悪性腫瘍領域における少人数低コストの多種類検体保存システムの構築 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
年度報告書  大津敦 
国立がんセンター東病院 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ