ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 がんの早期診断および予後診断に役立つ腫瘍マーカーの開発  [この研究の経過を見る]
研究事業名 がん研究助成金 
課題番号 16-10 
研究年度 平成19年度 
主任(代表) 中森正二 
所属施設 国立病院機構大阪医療センター 
経過研究年  
研究カテゴリ  
合計研究年  
研究終了予定日  
研究分野名 計画研究 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
中森正二  国立病院機構大阪医療センター
統括診療部長
がんの早期診断およびに予後診断に役立つ腫瘍マーカーの開発 
分担
渡邊昌彦  北里大学医学部
教授
大腸癌における早期診断腫瘍マーカーの開発 
井上裕  九州大学生体防御医学研究所
准教授
消化器がんの遺伝子診断および治療反応予測システムの構築とその応用としての腫瘍マーカーの開発 
西山正彦  埼玉医科大学国際医療センター
教授
がん化学療法の個別化に資する治療応答予測マーカー 
山本博幸  札幌医科大学医学部
助教授
消化器がんの早期および予後診断に役立つ遺伝子腫瘍マーカーの開発 
伊東文生  聖マリアンナ医科大学
教授
エピジェネティック異常を指標とした消化器癌の新しい診断 
班友
洪泰浩  静岡県立静岡がんセンター研究所
研究員
非小細胞肺癌における癌性胸膜炎患者由来の樹立細胞株を用いたEGFR阻害剤感受性規定因子の検索とトランスレーショナルスタディの展開 
太田安彦  国立病院機構金沢医療センター
医長
肺癌におけるRapid法を用いた術中リンパ節微小転移検出法の臨床意義 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  中森正二 
国立病院機構大阪医療センター 
PDFドキュメント  
年度報告書  中森正二 
国立病院機構大阪医療センター 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ