ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 がん診療を標準化するための病理診断基準の確立に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 がん研究助成金 
課題番号 16-06 
研究年度 平成19年度 
主任(代表) 長谷川匡 
所属施設 札幌医科大学医学部 
経過研究年  
研究カテゴリ  
合計研究年  
研究終了予定日 2008/03/31 
研究分野名 計画研究 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
長谷川匡  札幌医科大学医学部
教授
悪性腫瘍の病理診断基準の確立 
分担
津田均  防衛医科大学校
准教授
乳がん、婦人科腫瘍の病理診断基準の確立と遺伝子解析の標準化 
大島孝一  久留米大学医学部
教授
悪性リンパ腫の病理診断基準の確立と遺伝子解析の標準化 
佐野壽昭  徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部
教授
内分泌腫瘍の診断基準の確立と免疫染色の標準化 
松野吉宏  北海道大学病院
室長
臨床試験における病理診断のあり方に関する研究 
森永正二郎  北里研究所病院
部長
診断標準化のための基盤整備に関する研究 
田口健一  独立行政法人国立病院機構九州がんセンター
室長
細胞核DNA量定量形態計測に基づいた核異型度の客観化への試み-肝細胞癌脱分化をモデルとしてDNA ploidy パターン変化が核形状に与える変化を明らかにする 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  長谷川匡 
札幌医科大学医学部 
PDFドキュメント  
年度報告書  長谷川匡 
札幌医科大学医学部 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ