ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 画像診断に基づく消化器がん、肺がん、乳がんのclinical stagingの確立と治療法選択に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 がん研究助成金 
課題番号 16-05 
研究年度 平成19年度 
主任(代表) 関口隆三 
所属施設 栃木県立がんセンター 
経過研究年  
研究カテゴリ  
合計研究年  
研究終了予定日  
研究分野名 計画研究 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
関口隆三  栃木県立がんセンター
画像診断部長
消化器がん、肺がんおよび乳がんの予後からみた画像診断に基づくclinical stagingの確立に関する研究 
分担
東光太郎  金沢医科大学
教授
画像診断に基づく肺がんのclinical stagingの確立と治療法選択に関する研究 
宮川国久  JA長野厚生連長野PET・画像診断センター
副センター長
画像診断に基づく消化器がん、乳がんのclinical stagingの確立と治療法選択に関する研究 
松枝清  (財)癌研究会有明病院 画像診断部
副部長
画像診断技術に基づく消化器がんのclinical stagingの確立と治療法選択への寄与に関する研究 
林孝之  国立がんセンター東病院
医長
肝細胞癌に対する血管内治療戦略の確立 
五味達哉  東邦大学医学部
講師
画像診断に基づく消化器がんの clinical staging および治療方法選択に関する研究 
沖昌英  国立病院機構名古屋医療センター
医師
肺癌の診断、縦隔病期決定、治療法選択における超音波気管支鏡の精度と効果に関する研究 
寺本典弘  国立病院機構四国がんセンター
医長
肺癌のpTNM,pStagingの正確性、施設間格差の調査 
村上真理  関西医科大学
研究医員
肺癌に対するEGFR阻害の早期治療効果判定におけるPET/CTの有用性に関する研究 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  関口隆三 
栃木県立がんセンター 
PDFドキュメント  
年度報告書  関口隆三 
栃木県立がんセンター 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ