ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 がん生物像を規定するがん組織内微小環境に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 がん研究助成金 
課題番号 15-13 
研究年度 平成18年度 
主任(代表) 岡田保典 
所属施設 慶應義塾大学医学部 
経過研究年  
研究カテゴリ  
合計研究年  
研究終了予定日 2007/03/31 
研究分野名 計画研究 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
岡田保典  慶應義塾大学医学部
教授
細胞―細胞外マトリックスインターフェイスで働くMMP/ADAMの作用機構 
分担
東山繁樹  愛媛大学医学部
教授
癌細胞増殖におけるHB-EGF-CTF シグナリングの役割 
松本邦夫  大阪大学大学院医学系研究科
助教授
がん−間質相互作用を介した浸潤・転移・血管新生制御とその阻止 
片岡寛章  宮崎大学医学部
教授
HGFのヒト癌組織でのHGF 活性化 
石井源一郎  国立がんセンター研究所支所
室長
がん間質における線維芽細胞の不均一性についての研究 
藤盛孝博  獨協医科大学
教授
微小転移の生物学的・臨床的意義:癌細胞の異所環境での生き残りが転移能を決定しているのか? 
瀧口総一  九州がんセンター
研究員
クロマチン構造変換因子の発がんの癌転移における意義 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  岡田保典 
慶應義塾大学医学部 
PDFドキュメント  
年度報告書  岡田保典 
慶應義塾大学医学部 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ