ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 がん患者に対する支持療法および緩和療法の技術の向上に関する研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 がん研究助成金 
課題番号 15-07 
研究年度 平成18年度 
主任(代表) 下山直人 
所属施設 国立がんセンター中央病院 手術部 
経過研究年  
研究カテゴリ  
合計研究年  
研究終了予定日 2007/03/31 
研究分野名 計画研究 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
下山直人  国立がんセンター中央病院 手術部
部長
がん患者に対する支持療法および緩和療法の技術の向上に関する研究(手術によって惹起される難治性神経障害性疼痛に対する治療法の標準化に関する研究) 
分担
植田弘師  長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 分子薬理学分野
教授
術後神経障害性疼痛モデルによるモルヒネの効きにくい痛みの分子生物学的メカニズムに関する研究 
志真泰夫  筑波メディカルセンター病院 緩和医療科
部長
支持・緩和療法におけるオピオイド・ローテーションの研究 
曽良一郎  東北大学大学院医学系研究科 精神・神経生物学
教授
神経障害性疼痛の疾患脆弱性に関する遺伝子解析 
西野卓  千葉大学医学研究院麻酔学領域
教授
呼吸困難感の発生機序と治療法に関する研究 
的場元弘  国立がんセンターがん対策情報センターがん情報・統計部がん医療情報サービス室
室長
オキシコドン製剤における嘔気・嘔吐の頻度の検討および薬物動態の検討 
石田真弓  独立行政法人国立病院機構九州がんセンター乳腺科
医師
乳がん患者に対する支持療法と緩和医療へのチーム医療としての取り組みに関する検討 
森松嘉孝  熊本医療センター呼吸器内科
医長
全身化学療法時における塩酸ラモセトロンと塩酸グラニセトロンの有用性に関する比較検討 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  下山直人 
国立がんセンター中央病院 手術部 
PDFドキュメント  
年度報告書  下山直人 
国立がんセンター中央病院 手術部 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ