ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧 > 研究詳細

がん研究データベース

    ■基本情報   ■研究者情報   ■報告書情報

■ 基本情報

研究課題名 機能温存のための精密縮小手術および至適補助療法の開発・品質管理と標準化に向けた基盤的研究  [この研究の経過を見る]
研究事業名 国立がん研究センター研究開発費 
課題番号 23-B-12 
研究年度 平成25年度 
主任(代表) 中馬広一 
所属施設 国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍科・リハビリテーション科 
経過研究年 3年 
研究カテゴリ  
合計研究年 3年 
研究終了予定日 2014/03/31 
研究分野名 後期開発 
研究区分名  
疫学・生物統計学関与  
臨床研究登録予定  
 このページの先頭へ

■ 研究者情報

研究者名 所属施設 
職名 
分担課題名 
主任(代表)
中馬広一  国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍科・リハビリテーション科
科長
機能温存のための精密縮小手術と至適補助療法の開発、品質管理および標準化に向けた基盤的研究 
分担
松峯昭彦  三重大学 大学院医学系研究科
准教授
アクリジンオレンジを用いた切除縁宿手術、術中補助療法の標準化に向けての基盤的研究 
小田義直  九州大学 医学研究院腫瘍病理学
教授
切除標本の病理学的解析 
下地尚  (公財)がん研究会有明病院 整形外科
副部長
機能温存のための精密縮小手術と至適補助療法の開発、品質管理および標準化に向けた基盤的研究 
田仲和宏  大分大学 医学部人工関節学講座
講師
機能温存のための精密縮小手術と至適補助療法の開発、品質管理および標準化に向けた基盤的研究 
 このページの先頭へ

■ 報告書情報

報告書種別  研究者名 
所属施設 
報告書
最終(総括)報告書  中馬広一 
国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍科・リハビリテーション科 
PDFドキュメント  
年度報告書  中馬広一 
国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍科・リハビリテーション科 
PDFドキュメント  
 このページの先頭へ