ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧

がん研究データベース

実施年度:2013年
検索結果 105件中  61 - 80 件目  
 前へ 次へ 
研究課題名 降順昇順 課題番号 降順昇順 年度 降順昇順 主任 降順昇順 所属施設 降順昇順 報告書
難治がんの特性である足場非依存性を標的とした新規治療法開発の基盤研究  23-B-24  平成25年  上北尚正  国立がん研究センター研究所 転移浸潤シグナル研究分野  あり
合成致死仮説に基づく新規がん分子標的の探索研究  23-B-25  平成25年  小泉史明  国立がん研究センター研究所 遺伝医学研究分野  あり
食道癌治療後難治性狭窄に対する新しい治療方法の開発  23-B-26  平成25年  矢野友規  国立がん研究センター東病院 消化管内視鏡科  あり
非喫煙者進行肺がんの新規分子標的探索と臨床応用に向けた基盤研究  23-B-28  平成25年  新井康仁  国立がん研究センター研究所 がんゲノミクス研究分野  あり
がん治療中のせん妄の発症・重症化を予防する効果的な介入プログラムの開発  23-C-03  平成25年  小川朝生  国立がん研究センター東病院 精神腫瘍学開発分野  あり
EGFR-TK阻害剤の治療効果予測及び早期治療効果判定を可能にする分子イメージング剤の開発  23-C-04  平成25年  吉本光喜  国立がん研究センター研究所 発がんシステム研究分野  あり
最新型MRI装置を利用した抗がん剤誘発性認知障害の早期診断法の開発  23-C-05  平成25年  山口雅之  国立がん研究センター東病院 臨床開発センター機能診断開発分野  あり
脂肪組織由来間葉系幹細胞のエクソソームを用いた腫瘍特異的siRNAデリバリーシステムの開発  23-C-06  平成25年  竹下文隆  国立がん研究センター研究所 分子細胞治療研究分野  あり
眼付属器MALTリンパ腫の全エクソンシークエンスによる全ゲノム解析  23-C-07  平成25年  棟方理  国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科  あり
発癌誘因ストレスに起因し、連動して誘発する「ゲノム不安定性・変異・細胞形質転換」の分子機構研究  23-C-10  平成25年  吉岡研一  国立がん研究センター研究所 ゲノム安定性研究分野  あり
遺伝子変異等の情報を活用した個別化医療開発のための基盤構築  24-A-01  平成25年  河野隆志  国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野  あり
精神腫瘍学の均てん化のための研究  24-A-02  平成25年  清水研  国立がん研究センター中央病院 精神腫瘍科  あり
科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究  24-A-03  平成25年  笹月静  国立がん研究センターがん予防・検診研究センター 予防研究部  あり
がん患者のQOL向上に資する科学的エビデンス創出のための看護研究の方法論の確立に関する研究  24-A-04  平成25年  森文子  国立がん研究センター中央病院  あり
希少がんの発生に関与する遺伝要因の解明のための多施設共同研究体制の構築と関与遺伝子の探索  25-A-01  平成25年  吉田輝彦  国立がん研究センター研究所 遺伝医学研究分野  あり
がんの代謝異常(メタボローム異常)に基づく革新的治療法の開発  25-A-02  平成25年  岡本康司  国立がん研究センター研究所 がん分化制御解析分野  あり
高速シークエンス解析技術を応用した血中・体液中の遊離核酸によるがんの高感度分子診断法の基盤確立  25-A-03  平成25年  谷内田真一  国立がん研究センター研究所 難治がん研究分野  あり
生体細菌叢のメタゲノム解析を用いた先駆的アプローチによる腫瘍発生メカニズムに関する基盤研究  25-A-04  平成25年  中島健  国立がん研究センター中央病院 内視鏡科  あり
胆管癌等の職業性発がんの原因解明と発がんリスク評価に資するバイオマーカーの開発  25-A-05  平成25年  戸塚ゆ加里  国立がん研究センター研究所 発がんシステム研究分野  あり
生物学的特性に基づくがん最適化医療開発プラットフォーム(機能解析等多目的細胞株バイオリソース構築とその分子プロファイリング等)  25-A-06  平成25年  土原一哉  国立がん研究センター東病院 早期・探索臨床研究センター トランスレーショナルリサーチ分野  あり


 このページの先頭へ