ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧

がん研究データベース

実施年度:2009年
検索結果 67件中  1 - 20 件目  
 次へ 
研究課題名 降順昇順 課題番号 降順昇順 年度 降順昇順 主任 降順昇順 所属施設 降順昇順 報告書
Stage I食道がんに対する放射線・抗がん剤併用と手術単独療法の有効性の比較  18-01  平成21年  井垣弘康  国立がんセンター中央病院  あり
がんの遺伝子相談実施施設の連携による遺伝性腫瘍の診断と、長期予後およびQOL改善に関する研究  21分指-09-02  平成21年  菅野康吉  栃木県立がんセンター研究所がん遺伝子研究室・がん予防研究室  あり
がんの集学的治療の早期開発の研究体制確立に関する研究  20指-07  平成21年  大津敦  独立行政法人国立がん研究センター東病院  あり
がんの生物的特性に着目した治療法および診断法の評価系の確立に関わる研究  21分指-03-01  平成21年  冨田章弘  財団法人癌研究会 癌化学療法センター ゲノム研究部  あり
がんの代替医療の科学的検証に関する研究  21分指-08-04  平成21年  山下素弘  国立病院機構 四国がんセンター  あり
がん医療に資する心のケアに携る医療従事者の育成に関する研究  21分指-09-05  平成21年  内富庸介  国立がんセンター東病院臨床開発センター  あり
がん外科治療における形成再建外科標準術式の確立に関する研究  21分指-07-03  平成21年  櫻庭実  国立がんセンター東病院  あり
がん研究企画と評価の方法論に関する研究  21特指-03  平成21年  山本精一郎  国立がんセンター  あり
がん検診の評価とあり方に関する研究  20指-09  平成21年  垣添忠生  財団法人 日本対がん協会  あり
がん治療におけるIVRの技術向上と標準化に関する研究  18-03  平成21年  稲葉吉隆  愛知県がんセンター中央病院  あり
がん診療におけるPETの有用性および至適撮影条件の標準化に関する研究  21分指-05-02  平成21年  寺内隆司  国立がん研究センターがん予防・検診研究センター  あり
がん診療における分子イメージングの有用性  18-11  平成21年  井上登美夫  横浜市立大学大学院医学研究科 放射線医学  あり
がん診療を標準化するための病理診断基準確立に関する研究  20-05  平成21年  津田均  国立がんセンター中央病院  あり
がん専門医療施設を活用したがん診療の標準化に関する共同研究  21特指-02  平成21年  木下平  国立がんセンター東病院  あり
たばこ政策への戦略基盤の構築と政策提言・実施・評価メカニズムに関する研究―特に、禁煙支援政策の実施基盤の構築と評価指標の開発  21分指-13-01  平成21年  望月友美子  国立がんセンター研究所  あり
デジタル画像処理によるがん診断支援システムの開発と利用に関する研究  21分指-05-03  平成21年  飯沼元  国立がんセンター中央病院放射線診断部  あり
悪性黒色腫の新しい診療体系の確立に関する研究  21分指-07-06  平成21年  山ア直也  国立がんセンター中央病院  あり
安全で高精度な放射線治療を実現する放射線治療体制に関する研究  21分指-08-08  平成21年  伊丹純  国立がんセンター  あり
医薬品・医療機器開発プロセスに関する、評価・コンサルティング体制の確立に関する研究  21分指-06-05  平成21年  大津敦  国立がん研究センター東病院 臨床開発センター  あり
我が国における対策型がん検診・任意型がん検診の比較と現状把握に基づいた今後のがん検診に関する研究  21分指-11-03  平成21年  村松幸男  国立がんセンターがん予防・検診研究センター  あり


 このページの先頭へ