ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧

がん研究データベース

実施年度:2008年
検索結果 96件中  1 - 20 件目  
 次へ 
研究課題名 降順昇順 課題番号 降順昇順 年度 降順昇順 主任 降順昇順 所属施設 降順昇順 報告書
がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究  15-03  平成20年  濱島ちさと  国立がんセンターがん予防・検診研究センター検診研究部  あり
がん組織の特異性を利用したドラッグデリバリーシステム(DDS)薬剤の基礎的・臨床的開発に関する研究  19-18  平成20年  濱口哲弥  国立がんセンター中央病院  あり
主要がんの全国登録に基づく患者情報の解析と活用に関する研究  15-01  平成20年  淺村尚生  国立がんセンター中央病院  あり
良好な視機能温存を目標とした眼部悪性腫瘍の新しい集学的治療法の開発  17-03  平成20年  柳澤隆昭  埼玉医科大学国際医療センター脳脊髄腫瘍科小児脳脊髄腫瘍部門  あり
肺がんの要因と病態に関する研究  16-01  平成20年  野口雅之  筑波大学大学院人間総合科学研究科  あり
がん外科治療における形成再建手技の確立に関する研究  17-05  平成20年  木股敬裕  岡山大学大学院  あり
分子基盤に基づく難治性リンパ系腫瘍の診断及び治療法の開発に関する研究  19-08  平成20年  木下朝博  名古屋大学大学院医学系研究科  あり
標準的乳がんセンチネルリンパ節生検法の確立のための多施設共同研究に関する研究  20-16  平成20年  木下貴之  国立がんセンター中央病院   あり
高感受性悪性腫瘍に対する標準的治療確立のための多施設共同研究  20指-01  平成20年  堀田知光  国立病院機構名古屋医療センター  あり
前がん状態におけるDNAメチル化異常の意義に関する研究  19-17  平成20年  豊田実  札幌医科大学  あり
ヘリコバクター・ピロリ感染による胃発癌の修飾因子に基づく予防策の検討に関する研究  18-02  平成20年  福田能啓  兵庫医科大学臨床栄養部  あり
多施設共同研究の質の向上のための研究体制確立に関する研究  20指-06  平成20年  福田治彦  国立がんセンターがん対策情報センター  あり
胃がんに対するリンパ節郭清を伴う腹腔鏡下手術と開腹手術との比較に関する研究  17-11  平成20年  片井均  国立がんセンター中央病院  あり
各種がん免疫療法の開発と臨床的有効性の評価に関する研究  20-14  平成20年  平家勇司  国立がんセンター中央病院臨床試験・治療開発部  あり
放射線治療を含む標準治療確立のための多施設共同研究  20指-05  平成20年  平岡真寛  京都大学大学院  あり
がん生物学に基づく新しい治療法の開発に関する研究  15-02  平成20年  冨田章弘  財団法人癌研究会癌化学療法センターゲノム研究部  あり
中皮腫の診断精度の向上に関する研究  19-15  平成20年  樋野興夫  順天堂大学  あり
個体レベルでの発がん予知と予防に関する基盤的研究  20指-08  平成20年  白井智之  名古屋市立大学大学院医学研究科  あり
多発性骨髄腫の発症と進展に関与する分子基盤の解明と新規分子標的療法の確立に関する研究  17-16  平成20年  飯田真介  名古屋市立大学大学院  あり
抗悪性腫瘍薬治療を最適化するための薬物動態学および遺伝動態学および遺伝薬理学的アプローチを中心とした臨床薬理学的研究  17-08  平成20年  南博信  神戸大学医学部附属病院腫瘍内科  あり


 このページの先頭へ