ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧

がん研究データベース

実施年度:2008年
検索結果 96件中  1 - 20 件目  
 次へ 
研究課題名 降順昇順 課題番号 降順昇順 年度 降順昇順 主任 降順昇順 所属施設 降順昇順 報告書
膵がん治療の新たな標的分子の探索と遺伝子治療法の開発  18-10  平成20年  砂村眞琴  東北大学  あり
臨床試験登録患者検体の有効利用に関する検討に関する研究  17-18  平成20年  松村保広  国立がんセンター東病院臨床開発センター  あり
良好な視機能温存を目標とした眼部悪性腫瘍の新しい集学的治療法の開発  17-03  平成20年  柳澤隆昭  埼玉医科大学国際医療センター脳脊髄腫瘍科小児脳脊髄腫瘍部門  あり
放射線被ばくにより発がんの分子機構に関する研究  20-07  平成20年  山下俊一  長崎大学大学院医歯薬学総合研究科  あり
放射線治療期間の短縮に関する多施設共同臨床試験の確立に関する研究  17-17  平成20年  加賀美芳和  国立がんセンター中央病院  あり
放射線治療システムの精度管理と臨床評価に関する研究  18-04  平成20年  光森通英  京都大学大学院医学研究科  あり
放射線治療を含む標準治療確立のための多施設共同研究  20指-05  平成20年  平岡真寛  京都大学大学院  あり
保健・医療機関受診者を対象とした禁煙支援方法の開発と評価に関する研究  17-01  平成20年  田中英夫  愛知県がんセンター研究所・疫学・予防部  あり
分子基盤に基づく難治性リンパ系腫瘍の診断及び治療法の開発に関する研究  19-08  平成20年  木下朝博  名古屋大学大学院医学系研究科  あり
標準的乳がんセンチネルリンパ節生検法の確立のための多施設共同研究に関する研究  20-16  平成20年  木下貴之  国立がんセンター中央病院   あり
婦人科悪性腫瘍に対する新たな治療法の開発に関する研究  18-06  平成20年  小西郁生  京都大学大学院医学研究科  あり
肥満・高脂血症・糖尿病モデル動物の発がん感受性と発がん機構に関する研究  19-02  平成20年  高橋真美  国立がんセンター研究所  あり
発がんにおけるゲノム異常誘発の誘因に関する研究  19-09  平成20年  益谷美都子  国立がんセンター研究所生化学部  あり
肺がんの要因と病態に関する研究  16-01  平成20年  野口雅之  筑波大学大学院人間総合科学研究科  あり
乳房温存療法切除断端の病理診断の標準化と術後観察の適正化に関する研究  17-07  平成20年  秋山太  財団法人癌研究会癌研究所  あり
日本人女性の乳がん発症危険率を予測するロジスティック回帰モデルの有用性と普及に関する研究  19-16  平成20年  菰池佳史  大阪府立成人病センター  あり
難治性内分泌腫瘍の最適な治療法の確立に関する研究  17-20  平成20年  塚田俊彦  国立がんセンター研究所  あり
難治がんの総合的な対策に関する研究  18指-01  平成20年  田村友秀  国立がんセンター中央病院  あり
低線量CTによる肺がん検診の効率化とその基準の作成に関する研究  17-02  平成20年  坪井正博  東京医科大学医学部  あり
低位直腸がん手術における肛門温存療法の開発に関する研究  18-07  平成20年  森谷≪ゥ  国立がんセンター中央病院  あり


 このページの先頭へ