ホーム > 研究推進 > がん研究開発費 > がん研究データベース > 検索条件入力 > 検索結果一覧

がん研究データベース

実施年度:2006年
検索結果 95件中  1 - 20 件目  
 次へ 
研究課題名 降順昇順 課題番号 降順昇順 年度 降順昇順 主任 降順昇順 所属施設 降順昇順 報告書
StageJ食道がんに対する放射線・抗がん剤併用と手術単独療法の有効性の比較  18-01  平成18年  井垣弘康  国立がんセンター中央病院  あり
がん診療における分子イメージングの臨床応用に関する研究  18-11  平成18年  井上登美夫  横浜市立大学大学院医学研究科 放射線医学  あり
がん治療におけるIVRの技術向上と標準化に関する研究  18-03  平成18年  稲葉吉隆  愛知県がんセンター中央病院  あり
神経内分泌学的特性を有する肺がんの病態の把握及び治療法に関する研究  15-15  平成18年  永井完治  国立がんセンタ−東病院  あり
小児がん治療終了後の晩期障害と追跡不能例における問題点の解析  18-14  平成18年  岡村純  九州がんセンター  あり
がん生物像を規定するがん組織内微小環境に関する研究  15-13  平成18年  岡田保典  慶應義塾大学医学部  あり
がん患者に対する支持療法および緩和療法の技術の向上に関する研究  15-07  平成18年  下山直人  国立がんセンター中央病院 手術部  あり
食道腺癌の高危険群の同定および予防介入試験に関する研究  18-13  平成18年  下田忠和  国立がんセンター中央病院臨床検査部  あり
放射線治療期間の短縮に関する多施設共同臨床試験の確立に関する研究  17-18  平成18年  加賀美芳和  国立がんセンター中央病院  あり
抗腫瘍抗原ペプチドの臨床への導入に関する研究  15-17  平成18年  河上裕  慶應義塾大学医学部  あり
地域がん専門診療施設のソフト面の整備拡充に関する研究  16-02  平成18年  猿木信裕  群馬県立がんセンター  あり
画像診断に基づく消化器がん、肺がん、乳がんのclinical stagingの確立と治療法選択に関する研究  16-05  平成18年  関口隆三  栃木県立がんセンター  あり
がんの遺伝相談実施施設の連携による遺伝性腫瘍の解析及び診断の精度の向上に関する研究  15-16  平成18年  吉田輝彦  国立がんセンター研究所  あり
がん専門医療施設を活用したがん診療の標準化に関する共同研究  18指-02  平成18年  吉田茂昭  国立がんセンター東病院  あり
喉頭機能を温存した頭頸部がんの標準的治療法の確立に関する研究  17-04  平成18年  吉野邦俊  大阪府立成人病センター  あり
乳がん易罹患性の診断とそれに基づく予防に関する研究  16-04  平成18年  玉木康博  大阪大学大学院医学系研究科乳腺・内分泌外科  あり
個体レベルにおける多段階発がんに関する研究  13-02  平成18年  牛島俊和  国立がんセンター研究所  あり
がんの早期診断及び予後の予測を目指したヒト多段階発がん過程におけるDNAメチル化の変化に関する研究  15-20  平成18年  金井弥栄  国立がんセンター研究所  あり
非血縁者間の同種血液幹細胞移植による悪性腫瘍の治癒率向上に関する研究  13-01  平成18年  原田実根  九州大学  あり
進行膵・胆道がんに対する標準的全身化学療法の確立に関する研究  16-14  平成18年  古瀬純司  国立がんセンター東病院  あり


 このページの先頭へ